横浜のED薬なら当クリニックをご利用下さい。

HIV検査・エイズ即日検査・診断・相談・関内マリンクリニック<神奈川県・横浜市>
  • ◆来院処方予約
  • 検査結果はこちら

横浜のED薬【ポイントとFAQ】

当院では、国内正規ED薬を処方していて、オンライン診療で郵送することも可能です。患者様が在宅で、パソコンやスマホから医師による診察を受けて、ED薬を受け取るサービスを提供しています。
はじめての方でもオンライン診療が受けられ、自宅に配送するのは都合が悪いという方には、宅急便の営業所で薬を受け取ることもできます。
オンラインによるビデオ通話で受診ができて、待ち時間もゼロとなっています。問診で必要な情報が得られれば、すぐにお薬を配送します。

横浜のED薬

早急にED薬が必要という方は、直接当院までお越しください。当院は横浜の関内駅から0分の場所にあり、土日も夜間も処方可能となっています。平日の昼間は仕事で忙しい方でも、時間を気にせず便利に利用できるようになっています。
来院するのは恥ずかしいと思っている方でも、当院は男性専用で安心して受診できる体制を整えています。
保険証も不要で、お薬代しかいただかない明朗会計です。あなたに合ったED薬をご予約不要ですぐに処方いたします。
横浜の関内マリンクリニックではED薬の処方以外にも、AGAなどの薄毛のお悩みも解消していて、新型コロナウイルスの唾液によるPDR検査にも対応しています。薬は全てオンライン診療利用で宅配可能となっています。

01ED薬とは

ED薬には、バイアグラ、トレビア、シアリスなどのいろいろな種類がありますが、男性の勃起不能を補助するために使用される薬のことです。
ED薬は、服用することで体の血管を拡張させて血液の巡りを良くして、勃起を促すのがその仕組みで、特に海綿体の血管を広げることで効果を発揮します。
薬を長く服用すれば、人間の体には耐性ができ効き目が失われることもありますが、ED薬の場合は足りない部分を補うための薬なので、不足分が継続して服用することにより補われ、男性の大きな悩みであるEDが改善される効果があると言われています。その点では、風邪薬のような熱や咳などの症状を止めるような薬とは異なります。
ED薬は性行為をするときだけに服用するものと思っている方も多いようですが、継続して服用することにより、いずれは薬が必要なくなることもあります。
また、ED薬を服用すれば必ず勃起できるわけではありません。人によって合う薬とそうでないものがありますし、EDはストレスなどの心因性の他にもさまざまな原因がありますので、どんなに服用しても効果が出ないケースもあります。
ED薬は、専門医に相談することで手に入れることが可能です。

02初めてED薬を服用する際に食事で気をつけるべきこととは

勃起不全、勃起障害の治療薬であるED薬を初めて服用される方の多くは、性行為をする前の食事やお酒をどうすべきか気になることだと思います。
ED薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどがありますが、薬の種類によって食事の影響は変わってきます。
ED薬の中でも最もメジャーなバイアグラは、食事の影響を受けやすいとされていて、できれば空腹時に服用することが推奨されています。空腹の方が薬の効果が表れる時間も短く効果も高くなるからです。バイアグラよりもレビトラの方が食事の影響は受けにくいですが、脂肪分が高い食事には気をつける必要があります。最も食事の影響を受けないのがシアリスですが、食べ過ぎには注意しなくてはいけません。

初めてED薬を服用する際に食事で気をつけるべきこととは

いずれにせよED薬を服用するときには空腹時がベストと言えますが、それができない場合は食べ過ぎや脂肪分が高い食事には気をつけて、食後2時間くらいの間隔を空けることを心掛けましょう。
お酒に関しては、飲酒することによりリラックスできてストレスから解放される効果を得られますが、飲み過ぎると勃起がしづらくなるため、どうしてもアルコールを飲む場合は適量に抑えるように注意してください。

03ED薬を服用しようとしている方の3つのお悩み

1.ED薬の種類によって効果は異なる
ED薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどがありますが、種類によっていろいろな特徴があり効果も異なるため、それをきちんと理解したうえで服用しなければいけません。たとえば、世界ではじめてのED薬であるバイアグラは、比較的短時間で効果が得られ、他のED薬に比べて硬さを求められるなどの特徴があります。ちなみに3種類の中で一番即効性があるのがレビトラです。

2.ED薬によって副作用も異なる
ED薬を服用するときには副作用を心配しなければいけませんが、薬の種類によっても副作用の症状が異なります。
バイアグラ、レビトラ、シアリスに共通している副作用は、顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなどで、シアリスには他にも背部痛、筋肉痛、四肢の痛みなどの副作用が起きる可能性があります。

3.ED薬を服用できない方もいる
ED薬は誰でも服用できるわけではありません。
心臓に疾患がある方や、高血圧や低血圧、重い肝障害のある方などは、自分の判断だけで服用しないで、医師にきちんと相談して薬を処方してもらいましょう。

04ED薬の効果は薬の種類によって異なる

ED薬 横浜

ED薬は種類によって得られる効果が異なり、代表的な治療薬にはバイアグラ、レビトラ、シアリスの他に、ザイデナ、ステンドラなどが挙げられます。
「どれでも効果は同じでは?」と思う方も多いようですが、EDの症状に合わせて治療薬を服用しないと、満足いく効果を得られることはできないため、治療薬選びはとても重要となっています。
ED薬を選ぶときには効果の強さを気にする方が多いですが、この中で最も強い効果があるのはレビトラで、次にバイアグラ、ステンドラと続きます。
服用してから効果が表れるまでの時間が気になる方も少なくないと思いますが、こちらはレビトラとステンドラが15〜30分程度、バイアグラとザイデナが30分〜1時間程度で、シアリスは効果が表れるまで1〜3時間程度かかるとされています。
効果が表れる時間は、それぞれの薬の成分が水に溶けやすいかによって異なり、水に溶けやすいと体への吸収されやすくなり効果も早く出ることになります。
ED薬の効果の持続時間が長いのは、一番がシアリスで24〜36時間程度と圧倒的に長く、2番目に長いザイデナが11〜13時間程度、3位のレビトラで5〜10時間程度となっています。

05横浜市中区でED薬の処方を実施

横浜市中区にクリニックを構え、ED薬の処方やAGA治療などを行っています。
中区は、神奈川県の献上所在地である横浜市の中でも最も港町の雰囲気が強い街で、市内でも特に観光名所が多いことが特徴的です。「横浜みなとみらい」「横浜中華街」「横浜スタジアム」も全て中区にあります。
中区にもいろいろなエリアがあって、北部は桜木町、関内、伊勢佐木長者町、石川町、元町などを有し、観光名所が目白押しとなっています。山下公園や大さん橋などの地元の方の人気の散歩コースも有しています。
南部は山手、本牧、根岸エリアで、横浜を代表する高級住宅街です。
山手には異国情緒の雰囲気が残る住宅街があって、キリスト教の教会などもあり、港の見える丘公園前の坂を下り元町にも通じています。子どもたちの遊び場として有名な「根岸森林公園」もあり、週末は多くの子どもで賑わいます。
中区では子ども支援も充実していて、関内には地域子育て支援の拠点があって、絵本コーナー、情報コーナー、授乳スペースなど、親子で快適に過ごせる環境が整えられています。
交通の便も良く都心へのアクセスにも困らないため、東京へ通勤している方も多く、横浜に住む人にとっても特に人気が高いエリアとなっています。

FAQ一覧

PageTop