横浜のED薬なら当クリニックをご利用下さい。

HIV検査・エイズ即日検査・診断・相談・関内マリンクリニック<神奈川県・横浜市>
  • ◆来院処方予約
  • 検査結果はこちら

横浜のED薬【ポイントとFAQ】

当院では、国内正規ED薬のみを処方しており、オンライン診療で郵送することも可能です。患者様が在宅で、パソコンやスマホから医師による診察を受けて、ED薬を受け取るシステムを提供しています。
はじめての方でもオンライン診療が受けられ、自宅に配送するのは都合が悪いという方には、宅急便の営業所で薬を受け取ることもできます。
予約したオンラインによるビデオ通話で受診ができて、待ち時間もゼロとなっています。問診およびビデオ診療で必要な情報が得られれば、すぐにお薬を配送します。

バイアグラ

早急にED薬が必要という方は、直接当院までお越しください。当院は横浜の関内駅から0分の場所にあり、土日も夜間も処方可能となっています。平日の昼間は仕事で忙しい方でも、時間を気にせず便利に利用できるようになっています。
来院するのは恥ずかしいと思っている方でも、当院は男性専用で安心して受診できる体制を整えています。
保険証も不要で、お薬代しかいただかない明朗会計です。あなたに合ったED薬をご予約不要ですぐに処方いたします。
横浜の関内マリンクリニックではED薬の処方以外にも、AGA(薄毛)のお悩みも対象であり、薬は全てオンライン診療利用で宅配可能となっています。

01ED薬とは

ED薬には、バイアグラ、シアリス、レビトラ(現在はジェネリックのみ)などのいろいろな種類がありますが、男性の勃起不全を手助けするために使用される薬のことです。
ED薬は、服用することで体内の血管を拡張させて血液の巡りを良くして、勃起を促すのがその仕組みで、特に陰茎の海綿体の血管を広げることで効果を発揮します。
人によって合う薬とそうでないものがありますので、ED薬を服用すれば必ず勃起できるわけではありません。EDはストレスなどの心因性の他にもさまざまな原因がありますので、どんなに服用しても効果が出ないケースもあります。
ED薬は、EDを専門に扱っているクリニックで相談し、国産ではない個人輸入品などの粗悪な薬を内服しないことが重要です。

02初めてED薬を服用する際に食事で気をつけるべきこととは

勃起不全、勃起障害の治療薬であるED薬を初めて服用される方の多くは、性行為をする前の食事やお酒をどうすべきか気になることだと思います。
ED薬にはバイアグラ、レビトラ(ジェネリック)、シアリスなどがありますが、薬の種類によって食事の影響は変わってきます。
ED薬の中でも最もメジャーなバイアグラは、食事の影響を受けやすいとされていて、空腹時の服用が条件とされています。空腹の方が、食事の成分に吸着することなく、薬の効果が表れる時間も短く効果も高くなるためです。バイアグラよりもレビトラ(ジェネリック)の方が食事の影響は受けにくいですが、脂肪分が高い食事を接種しますと効果が低下いたします。最も食事の影響を受けないのがシアリスですが、やはり油分の多い食事を取った直後の服用は避けたほうが良いでしょう。

シアリス

いずれにせよED薬を服用するときには空腹時がベストと言えますが、それができない場合は食べ過ぎや脂肪分が高い食事には気をつけて、食後2時間くらいの間隔を空けることを心掛けましょう。
お酒に関しては、飲酒することによりリラックスできてストレスから解放される効果を得られますが、飲み過ぎると勃起がしづらくなるため、どうしてもアルコールを飲む場合は適量に抑えるように注意してください。

03ED薬を服用しようとしている方の3つのお悩み

1.ED薬の種類によって効果は異なる
ED薬にはバイアグラ、レビトラ(ジェネリック)、シアリスなどがありますが、種類によっていろいろな特徴があり効果も異なるため、それをきちんと理解したうえで服用しなければいけません。たとえば、世界ではじめてのED薬であるバイアグラは、比較的短時間で効果が得られ、他のED薬に比べて硬さを求められるなどの特徴があります。ちなみに3種類の中で一番即効性があるのがレビトラ(ジェネリック)です。

2.ED薬によって副作用も異なる
ED薬を服用するときには副作用を心配しなければいけませんが、薬の種類によっても副作用の症状が異なります。
バイアグラ、レビトラ(ジェネリック)、シアリスに共通している副作用は、顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりなどで,もっとも副作用の少ないシアリスですが、まれに背部痛(5%程度)、筋肉痛などの副作用が起きる可能性があります。

3.ED薬を服用できない方もいる
ED薬は誰でも服用できるわけではありません。
心臓に疾患がある方や、高血圧や低血圧、重い肝障害のある方などは、自分の判断だけで服用しないで、医師に相談し薬の内服が可能かどうか判断してもらいましょう。片頭痛をお持ちの方は片頭痛を誘発する場合もあります。

04ED薬の効果は薬の種類によって異なる

ED薬 横浜

ED薬は種類によって得られる効果が異なり、代表的な治療薬にはバイアグラ、レビトラ(現在はジェネリック製品のみ)、シアリスなどが挙げられます。
「どれでも効果は同じでは?」と思う方も多いようですが、EDの症状に合わせて治療薬を選択しないと、満足いく効果を得られることができないのと、副作用に悩む場合もございます。一般的に言えば、効果が強いと副作用は強いと言えるでしょう。ED治療薬選びは医師と相談のうえお決めになってください。
ED薬を選ぶときには効果の強さを気にする方が多いですが、この中で最も強い効果があるのはレビトラ20mg(ジェネリック)で、次にバイアグラ、シアリスと続きます。
服用してから効果が表れるまでの時間が気になる方も少なくないと思いますが、こちらはレビトラ(ジェネリック)とバイアグラが45分程度で、シアリスは効果が表れるまで1時間程度かかるとされています。なお
ED薬の効果の持続時間が長いのは、一番がシアリスで24〜36時間程度といです。

05横浜市中区でED薬の処方を実施

横浜市中区にクリニックを構え、ED薬の処方やAGA治療などを行っています。
中区は、神奈川県の県庁所在地である横浜市の中でも最も港町の雰囲気が強い街で、市内でも特に観光名所が多いことが特徴的です。「横浜みなとみらい」「横浜中華街」「横浜スタジアム」も全て中区にあります。
中区にもいろいろなエリアがあって、北部は桜木町、関内、伊勢佐木長者町、石川町、元町などを有し、観光名所が目白押しとなっています。山下公園や大さん橋などの地元の方の人気の散歩コースも有しています。
南部は山手、本牧、根岸エリアで、横浜を代表する高級住宅街です。
山手には異国情緒の雰囲気が残る住宅街があって、キリスト教の教会などもあり、港の見える丘公園前の坂を下り元町にも通じています。子どもたちの遊び場として有名な「根岸森林公園」もあり、週末は多くの子どもで賑わいます。
中区では子ども支援も充実していて、関内には地域子育て支援の拠点があって、絵本コーナー、情報コーナー、授乳スペースなど、親子で快適に過ごせる環境が整えられています。
交通の便も良く都心へのアクセスにも困らないため、東京へ通勤している方も多く、横浜に住む人にとっても特に人気が高いエリアとなっています。

06ED治療を行う場合にかかる費用相場はどのくらいなの?

年齢を重ねるとどうしても勃起力が弱くなる傾向にあり、男性の中にはこれまでED薬を試したことがあるという方も少なくないと思います。
その中には試した薬がかなり効いて満足したという方もいれば、全く効果が出なかったという方もいるでしょう。
実はED薬というものは、同じ容量であっても人によって効果のあるものもあれば、効果の薄い合わないものもあります。したがって、EDでお悩みであえば、専門の病院やクリニックに通ってED薬(厚労省未承認輸入品ではなく、承認された医薬品)の処方を受けることをおすすめします。

ED治療を行う場合にかかる費用相場はどのくらいなの?

気になるED治療にかかる費用ですが、ED治療にかかる費用には、一般的に「診察料」「ED治療薬代」があります。
ED治療は、一部の例外を除外すると自由診療となり、料金は病院で自由に設定できるため、思ったよりも安かったという場合もあれば、かなり高かったというケースもあるようです。
診察料に関しては、無料の場合がほとんどですが、2,000〜3,000円ほどかかる場合もあるようです。
肝心のED治療薬はさまざまな種類がありますが、1錠あたり900円〜2,100円と様々です。当院で一番安価なのはバイアグラジェネリックでオンライン購入で1錠あたり950円です。

07はじめてED薬を服用するときに注意すべき3つのポイント

01持病のある方は医師の診断を受けましょう

持病のある方はED薬を服用したせいで健康を害することもあるので、医師の診断を受けて処方してもらうことを推奨します。
たとえば、ED薬には血圧を下げる作用があり、血圧が低下すればめまいやふらつき、重篤な場合は失神の原因となることもあります。
ED薬の種類によっても効果は異なりますので、医師より作用、副作用を説明してもらい、理解したうえで服用してください。

02お酒との併用は避けた方が賢明

ED薬を服用する際に絶対にお酒を飲んでいけないわけではありませんが、アルコールは量に依存して勃起力の低下につながります。ED薬を服用するときには飲酒は控えることをおすすめします。
特に大量のアルコールを飲んだ場合は、本来なら効果を得られるのに全く効果が出ない場合もあるので、勃起を期待するのであればお酒との併用はお勧めできません。

03ED薬の副作用をあらかじめ認識しておこう

ED薬には一定頻度で副作用がありますので、服用前にはどのような症状が副作用として出るか認識しておきましょう。
ED薬を服用した後で顔がほてる場合がありますが、それは薬の血管拡張作業によるもので、そんなに心配ございません。他にも頭痛や軽い色覚変化(もの青っぽく見える。青視症と言われます)などが起きることもあります。青視症は運転などには支障ないとされてますが、眩しさの原因になる場合もあります。頭痛がひどい場合は市販のバファリンやイヴプロフェンなどを内服して対処すると良いでしょう。

08ED薬を処方してもらうクリニックの選び方とは

ED薬は通販などから個人輸入でも手に入れられますが、そのような薬は重篤な副作用が出た場合も全て輸入された個人の責任ですので国による医薬品副作用被害救済制度が利用できません。正規品を服用希望でクリニックから購入しようと考えている方でも安心はできません。クリニックの中には厚生省から承認されていない非正規ED薬を個人輸入で仕入れして、正規品のようにみせかけて販売しているクリニックもございます。
開業しているクリニックであっても偽物が取り扱われていることもあるので、クリニック選びには注意が必要です。
偽物や未承認の海外薬を処方されない為には、クリニックで薬を受け取る際に「製造メーカー」が国産の正規品であるかを確認してください。はっきりと製造メーカーを答えられるクリニックは安心と言えるでしょう。もちろん、当院、関内マリンクリニックで扱っているED薬は全て国産のものですので、品質レベルは安心してもらえるものです。

09服用に関することでよくある相談とは

服用に関することでよくある相談とは

ED薬をはじめて服用される方の中にはさまざま不安をお持ち方もたくさんいますが、服用に関する相談で多いのが、「ED薬は心臓に悪いの?」というものがあります。
これに関しては、ED治療薬というものは元々血管を拡張して血圧を低下させることを目的に開発されていたことから、心臓に悪いということはありません。
ただし、心臓に持病を抱えていて、かかりつけの医師などから性行為を控えるように指導されている方は、服用を控えた方が良いです。
また、心臓や他の薬と一緒に服用すれば血圧が下がり過ぎるなどの副作用が出ることもあるため、くれぐれもED薬を服用する際には医師に確認をとるようにしてください。
一度薬に手を出したら、その後はずっと飲み続けなくてはいけないのでは?という不安を持つ方もおられるようですが、薬なしでも自然に性行為ができるようになれば服用をしない、または薬の量を減らしても構いません。
勃起不全になる原因は人それぞれで、精神的な要素も多いため、いろいろな不安が解消されれば薬が不要になるケースもあります。
いずれにせよ、何かかしらの不安がある場合は、自分だけでは判断しないで医師に相談してから決めていきましょう。

10よくある3つの質問

質問 ED薬を自宅で受け取ることができるって本当?
回答 バイアグラやレビトラ(ジェネリック)やシアリスなどのED薬を来院しないで自宅で受け取ることは可能です。
オンライン診療を利用すれば、そこで医師の診察を受けることができるので、ED薬を処方することができます。
質問 ED薬の効果はどんな感じですか?
回答 服用した後の効果は、薬の種類や人によって変わります。
たとえば、バイアグラの場合は、陰茎の固さが最も期待できて、効果は4〜5時間継続するとされていて、シアリスの場合は、自然な勃起が特徴で、持続時間は36時間とかなり長くなっています。
ただし、効き目は体調やその人の体の状態によっても変わるので、自分に合った薬を服用することが重要になります。
質問 薬の種類はどんなものがありますか。
回答 シアリス、バイアグラの他、ジェネリックがあります。
ジェネリックとは先発品の特許が切れた後に発売された後発品の事です。先発品と有効成分は同じですが薬の基材やコーティングは各社異なります。

レビトラの先発品は現在メーカーが製造中止としたため、ジェネリックのみ処方可能です。
質問 薬の副作用はありますか?
回答 副作用にはどの薬を服用する場合も気をつけなくてはいけません。
バイアグラは比較的副作用が現れる可能性が高く、顔のほてりや頭痛や動機などの症状が出ることがあります。
比較的副作用が少ないのはシアリスですが、他の薬と同じような副作用が出ることはあります。

11ED薬を処方してもらう医院選びのポイントとは

POINT ED薬は、メーカーの運営する正規品を処方しているクリニックをお勧め致します。インターネットなどで海外から医薬品を個人輸入する場合、その品質は保証されているとは限らず、偽造医薬品の可能性もありますので、服用は推奨できません。

12バイアグラはどんな薬?

ED薬と言えば多くの方が「バイアグラ」を連想すると思いますが、それは、バイアグラが世界初のED治療薬であることも大きな要因となっています。
バイアグラはアメリカのファイザー社から発売され、翌年の1999年には日本でも勃起不全の治療薬として処方が行われました。それ以前にも勃起不全であるEDの治療は行われていましたが、内服するだけで改善できる方法はなかったため、当初は勃起不全で悩む男性たちから夢の薬として大きな支持を得ました。
現在ではシアリスやレビトラなどのその他のED薬も流通していますが、それでもバイアグラの知名度は高く、人気も需要も衰えていません。その理由は、やはりその効果がとても強いからだと言えます。
バイアグラは性欲を増進させるための薬ではありませんが、性的な刺激を受けると十分な勃起効果を得ることができ、服用後1時間程度で効果が現れます。気になる持続力は、4〜5時間程度となっています。
バイアグラは海外から個人輸入で手に入れることが可能ですが、日本国内で処方されているものは25mgと50mgの成分量で、それぞれファイザー製であることを示す刻印が薬の裏表に入っています。
健康上問題がなければ誰でも服用できますが、女性が服用することはできません。

FAQ一覧

お役立ち情報

ED薬の入手方法とメリットやデメリットなどを教えて ED薬の入手方法が知りたい方におすすめの内容になっています。
新型コロナウイルス感染症の影響で、多くの男性たちがED薬を入手できないで困っている現実があります。そのような方々におすすめなのが医療機関のオンライン診療です。
EDは自力でも改善することができる? EDになる原因と、セルフケアで改善させる方法について解説しています。
若くてもEDになる人がいることや、EDの種類なども書かれているので、最近調子があまり良くないという人には参考になると思います。
ED薬は高齢でも服用可能ですか? EDやED薬に関するいろいろな質問に対する答えが書かれた内容となっています。
勃起不全で悩んでいて、ED薬のお世話になろうと考えている方には参考になると思います。高齢者でEDの悩みを抱えている方もぜひご覧ください。
ED薬の種類と特徴とは? ED薬にはどのような種類があって、それぞれが持つ特徴について解説しています。
日本で安心して服用できる薬についてもよく分かるようになっているので、EDで悩んでいて現状を何とかしたい方はチェックしてみてください。

PageTop