HIV検査・エイズ即日検査・NAT検査・ED(バイアグラ)スマホ遠隔外来・薄毛(プロペシア)は神奈川県・横浜市の関内マリンクリニック

HIV検査・エイズ即日検査・診断・相談・関内マリンクリニック<神奈川県・横浜市>
  • ◆来院処方予約
  • ◆検査結果はこちら

診療料金

安心・明朗会計

当院は、保険証のいらない自由診療制ですので料金が明瞭です。
ED外来、薄毛外来の診察は、お薬代のみしかいただきません。※ED外来や薄毛外来では、初診料・再診料不要ですが、相談のみの場合は相談料がかかります。

Case1 薄毛・ぬけ毛外来の再診 で、28日分のジェネリックのフィナステリド錠(1.0mg、院内でお渡し)28錠を処方希望の場合は?
28日分のフィナステリド代金4900円(税込)のみでOK。
※薄毛外来は初診料・再診料不要です。投薬なしの相談のみの場合は相談料3000円がかかります。
Case2 ED外来の初診時で、バイアグラのジェネリック(1錠、1150円)を、2錠処方の場合は?
お薬代2300円(税込)(1150円×2)のみでOK。
ED外来は初診料・再診料不要です
Case3 薄毛・ぬけ毛外来の再診 で、28日分のプロペシア(1.0mg、院内でお渡し)28錠を処方希望の場合は?
28日分のプロペシア代金7660円(税込)のみでOK。
※薄毛外来は初診料・再診料不要です。投薬なしの相談のみの場合は相談料3000円がかかります。

お薬代(令和1年10月05日改)
(増税に伴い、10月5日より処方価格(税込)が変更となります)

梅毒治療内服薬(アモキシシリン7日分) 5000円(通常4〜6週の治療を要します)
令和2年1月より検査は実施しておりません。
ヘルペス治療・予防薬
(バルトレックス)
現在処方しておりません。
バイアグラ 50mg 1錠 1550円(税込)*最も歴史のあるED薬です

★バイアグラはまとめて購入がお得★
バイアグラ6錠をセット格安価格でご提供します。
50mg6錠 \9,300 が 8,900円に!
レビトラ 10mg レビトラ10mgは供給一時停止のため処方できません。
レビトラ 20mg レビトラ20mgは供給一時停止のため処方できません。
シアリス 10mg 1錠 1750円  20mg 1錠 2,150円(税込) (作用時間36時間!のニュータイプのお薬です)
*当院シェアNo.1

★シアリスはまとめて購入がお得★
シアリス6錠をセット格安価格でご提供します。
10mg6錠 \10,500 が 10,100円に!20mg6錠 \12,900 が 12,300円に!
シルデナフィル50r
(バイアグラのジェネリック)
(コーヒー味/レモン味)
各味 1錠 1,150円
本成分(シルデナフィルクエン酸塩)はジェネリック医薬品として国内で初めて製造販売承認を取得した製品です。水で服用する従来タイプの錠剤もございます。
プロペシア 1.0mg ★1ヶ月 28日分 7660円
★2ヵ月 56錠セット 15,200円

※プロペシアジェネリック(後発)品
★フィナステリド1mg「ファイザー」 28錠包装 5,200円(税込)
★フィナステリド1mg「ファイザー」 90錠包装 16,500円(税込)
★フィナステリド1mg「トーワ」 28錠包装 4,900円(税込)
アロビックス液(30ml)

ナヴィジョンドクタースカルプ(資生堂)
医療機関専用の育毛剤
1本 1600円 (毛根の循環を改善する医療用つけ薬)

6,600円(200ml 税込) アデノシン,クジン抽出液、人参エキスの作用で毛髪の成長期が延長されます。製品情報はこちらよりどうぞ。
当院おすすめ
タミフル 75mg 10,000円  インフルエンザ予防用として10日分(1日1錠)
即日検査2019年12月をもちまして検査終了いたしました。  
尿検査 現在実施いておりません。
その他検査2019年12月をもちまして検査終了いたしました。  
HIV・NAT検査 令和1年12月28日(土)で検査終了いたしました。
HIV・ウエスタンブロット(WB)検査 令和1年12月28日(土)で検査終了いたしました。
ブライダル5 31年1月19日(土)で検査終了いたしました。
ブライダル7 30年8月で検査終了いたしました。
その他 診断書 令和1年12月28日(土)で検査終了いたしました。
医療相談 3000円 (15分・初再診料別)
CD4・CD8数検査

30年8月で検査終了いたしました。
HIV陰性証明カード(日本語) 令和1年12月28日(土)で検査終了いたしました。

タミフルやリレンザは…

タミフルリレンザはA型又はB型インフルエンザウイルスの表面に存在する酵素を阻害して、ウイルスが感染細胞から遊離したり、気道の上皮細胞に接近するのを防ぎます。通常、A型またはB型インフルエンザウイルス感染症の治療・予防に用いられます。インフルエンザ予防に用いる場合には、インフルエンザウイルス感染症患者に接触後2日以内に投与を開始します。(接触後48時間経過後に投与を開始した場合における有効性を裏付けるデータは得られていません)。
豚インフルエンザには効果があるとされています。

PageTop