管理者ブログ | ED薬(バイアグラ シアリス)のスマホ遠隔診療・薄毛(プロペシア)・HIV検査・NAT検査東京・STI性病治療・神奈川県・横浜市の関内マリンクリニック

HIV検査・エイズ即日検査・診断・相談・関内マリンクリニック<神奈川県・横浜市>
  • ◆検査予約はこちら
  • ◆検査結果はこちら
ブログ
2019年01月22日 [HIV検査]

HIV検査を受けるタイミングは?

HIV検査は自分の為だけではなく、愛する大切な人のためのものでもあります。
エイズに感染しているかどうかは、HIV検査を受けなければ分かりません。
自分自身の判断で大丈夫だろうと思っても、万一エイズに感染していると、今後男女の関係を結ぶ全員に感染させてしまうかもしれません。
HIV検査は誰にもばれないように匿名で受けられますし、保健所以外でも検査を実施しているクリニックもありますので、是非勇気を持って行動に移しましょう。
検査を受けるタイミングは、感染した機会から6週間から8週間の間に抗体が現れるため、行為を行ってから3ヶ月を過ぎてからが良いとされています。
もちろんそれよりも早く検査を受けてもよろしいですが、その時は陰性だったとしても、その後陽性反応がでることもありますので、最終的には3ヶ月以上経ってからもう一度検査を受けなければ、エイズに感染していないと断言することはできません。
エイズも含むSTD、つまり性感染症には、梅毒、淋病、性器クラミジア感染症、尖圭コンジローム、トリコモナス感染症、陰部ヘルペスなど数多くあって、STDにかかっているとエイズになる感染率が高まると言われています。
したがって、不特定多数の異性と関係を持っている方や現在何かしらの症状が出ている方も、早期治療を行うようにしてください。
以前は感染すると死に至ると怖がられたエイズも、医学の進歩と共に死なない病気となっていて、ほとんどのSTDは治療をすれば治すことができます。
エイズでなくても、そのまま放置していると多くの人にそれを広めたり、重い症状を引き起し、最悪は死に至る可能性もあります。
避妊薬ではエイズをはじめSTDを防ぐことはできませんで、必ずコンドームを正しく使用してください。
破損したり正しく使用しないとSTDの予防も正しくできないことになるので、その場のノリや雰囲気に流されないようにして、男女共にここだけはしっかり注意を払って行動しましょう。

勇気を出してエイズ検査を


これまで一度も浮気をしたことがなく、自分はそういう男ではないと誇りも持っていましたが、それはこれまで歴代付き合ってきた女性を本気で愛していたからだということが分かり自分が嫌になりました。
これまで付き合ったきた女性は、全員自分から好きになって告白してOKをもらってきましたが、はじめて相手からの告白を受け入れて、たいして好きでもないのにちょうど彼女もいなかったので付き合いはじめました。
好きな人がいる時には、ずっと一途で他の女性が恋愛対象にはならなかったのに、今回は付き合ってからも周囲の女性が気になって、良いなと思う女性から飲みの席で誘われて、流されてしまいました。
結局他の男と一緒で、簡単に浮気をしてしまうことに酔いが冷めてから絶望し、さらに翌日そのことに気づいた友達から、関係を持ってしまった女性は遊び人だと聞いて、エイズが頭を過りました。
もちろん彼女にも相談できないし、もしそうなら彼女と性行為をすれば大変になると思い、しばらく彼女と距離を置いていましたが、このままではいけないと思い、エイズ検査を受けることにしました。
横浜市内で匿名で土日でも検査を受けられる男性専門のクリニックを発見して、勇気を出して検査を受けに行きましたが、陰性という結果が出て本当に良かったです。

エイズ検査を受けるまでは何も手につきませんでした


お金が欲しいという理由でエッチな仕事を引き受けましたが、知らない女性と生でしてしまいました。
ずっとエイズのことを考えてビクビクしていましたが、エイズ検査を受けられるクリニックを友人が紹介してくれて、検査結果が良くて安心しました。


PageTop