HIV検査・エイズ即日検査・NAT検査・STD(性病検査・淋病・クラミジア)性病治療・ED(バイアグラ)禁煙外来・薄毛(プロペシア)は神奈川県・横浜市の関内マリンクリニック

HIV検査・エイズ即日検査・診断・相談・関内マリンクリニック<神奈川県・横浜市>
  • ◆検査予約はこちら
  • ◆検査結果はこちら

診療料金

安心・明朗会計

当院は、保険証のいらない自由診療制ですので料金が明瞭です。
全ての診察は、診察料(初診料2200円、再診料700円)とお薬代もしくは検査料金のみしかいただきません。
※ED外来や薄毛外来では、初診料・再診料不要です。
Case1 HIV検査外来の初診時は?
初診料2200円+検査代6000円=8200円(税込)
Case2 ED外来の初診時で、バイアグラ(1錠、1500円)を、2錠処方の場合は?
お薬代3000円(税込)(1500円×2)のみでOK。
※ED外来は初診料・再診料不要です。
Case3 薄毛・ぬけ毛外来の再診 で、28日分のプロペシア(1.0mg、1錠270円、院内でお渡し)28錠を処方希望の場合は?
28日分のプロペシア代金7560円(税込)のみでOK。
※薄毛外来は初診料・再診料不要です。相談のみの場合は初診料がかかります。
検査料 (平成23年11月1日改)

当院いち押しセット検査

即日検査

当院おすすめ第4世代即日HIV検査 6000円(初診料と合わせて8200円のみ)結果通知まで20〜30分です。
HIV第3世代抗体検査 世代の古い検査のため当院では採用しておりません。
梅毒(即日15分) 2760円
B型肝炎(即日15分) 2760円
C型肝炎(即日20分) 4140円
ヘルペス(抗原,病変の分泌物検査)即日15分 5400円(ウイルスが確認できましたら即日で飲み薬を処方いたします)
採血 (結果はネットで確認できます)
口唇・性器ヘルペス(血中抗体) 3530円
膣・尿検査 (結果はネットで確認できます)
クラミジア(のども可) 30年1月19日(土)で検査終了です。
淋(りん)病(のども可) 30年1月19日(土)で検査終了です。

膣検査

カンジダ 3700円 (結果2日後)
トリコモナス 3700円 ※カンジダとセットで6500円
HIV・NAT検査 11300円 (結果最短3日後)
※郵送可。B型肝炎、C型肝炎のNAT検査も可能
HIV確認抗体検査(WB法)  15,000円(1型・2型両方の検査となります)
HTLV-I (ATLA)抗体 7700円
ブライダル5 ◆5つの代表STDをセットにしました◆
HIV・梅毒・B型肝炎・クラミジア・淋(りん)病
22,020円 ⇒ 18,350円 (初診料・証明カード込)
結果はネットで確認できます
HIV検査は安心の第4世代です。
ブライダル7 ◆主要な7つのSTDを全てカバーしました◆
STDブライダル5+C型肝炎・ヘルペス
29,630円 ⇒ 23,800円 (初診料・証明カード込)
結果はネットで確認できます
HIV検査は安心の第4世代です。
HIV陰性証明カード(日本語) 1200円 (匿名不可)
その他 診断書 3000円 (日本語) 5000円 (英文)
医療相談 3000円 (15分・初再診料別)
CD4・CD8数検査 各8600円 (12時までの受付。要電話予約)
お薬代 (平成23年11月1日改)
クラミジア治療薬 10,000円〜16,000円
淋病治療(注射) 10,000円
梅毒治療 5000円(内服7日分)
ヘルペス治療・予防薬 1錠 400円 (1ヶ月分 12,000円)
バイアグラ 25mg 1錠 1200円(税込)
バイアグラ 50mg 1錠 1500円(税込)*最もポピュラーなED薬です
レビトラ 10mg 1錠 1600円(税込)
レビトラ 20mg 1錠  2000円(税込)
(レビトラ10mgでは十分な効果が得られなかった方にお勧め)
シアリス 10mg 1錠 1700円  20mg 1錠 2,100円(税込)
(作用時間36時間!のニュータイプのお薬です)*当院シェアNo.1
プロペシア 1.0mg 一日 1錠 270円 (1ヶ月28日分 7560円)
◆3ヶ月 90錠セット 24,000円 (1320円お得なセット)
アロビックス液(30ml) 1本 1600円 (毛根の循環を改善する医療用つけ薬)
当院おすすめ
インフルエンザ予防接種 5000円(初診料込み)
タミフル 75mg 18,000円  インフルエンザ予防用として10日分(1日1錠)
リレンザ 5mg 23,000円  インフルエンザ予防用として10日分(1日1回吸引)

タミフルやリレンザは・・・

タミフルやリレンザはA型又はB型インフルエンザウイルスの表面に存在する酵素を阻害して、ウイルスが感染細胞から遊離したり、気道の上皮細胞に接近するのを防ぎます。通常、A型またはB型インフルエンザウイルス感染症の治療・予防に用いられます。インフルエンザ予防に用いる場合には、インフルエンザウイルス感染症患者に接触後2日以内に投与を開始します。(接触後48時間経過後に投与を開始した場合における有効性を裏付けるデータは得られていません)。
豚インフルエンザには効果があるとされています。

PageTop